img


舟橋塗装店~塗り替え案内~

塗り替えるタイミングは、早いにこしたことはありませんが、一般的にチョーキングが確認されてからだと言われています。 また、劣化が進む要因は主に紫外線なので、屋根・建物の南側が劣化しやすい傾向にあります。ですが、日の当たらない場所では、コケや藻が発生し見栄えが悪くなってしまいます。 チョーキングの進行を放置すると、われやはがれが発生します。 それによって塗装費用とは別に部分修正費用がかかってしまいます。 なので、チョーキングが発生したら塗替えを考えましょう。

img

①劣化

雨樋は塩化ビニルで出来ていて、10年くらい経つと劣化により破損、変形が生じます。 すると樋から水が溢れるなどメンテナンスが必要な状態になります。

②藻、カビの発生

木は活きているため、呼吸をして絶えず動いています、そのため手入れを怠ると反ったり、 割れたりします、紫外線や雨にさらされる所では特に定期的なお手入れが必要です。 木目調を生かした塗装や、防カビ、防藻機能をもった塗料もあります。

③クラック発生

そのまま放置しておくとクラックから水の浸水により、漏水や凍害による爆裂にもつながり、 建物の構造体自体を傷めてしまう可能性があります。一般的に、クラックの大きさにも よりますが、Vカット、Uカット後に弾性シーリング材とその外側に弾性モルタルを詰めます。 その後に塗装作業になります。

④藻、カビの発生

経年の塗膜劣化により、防水性が低下し、スレート屋根には数箇所にわたり細かいわれが発生します。 また、欠損部分と目立つひび割れ部分では、屋根の差し替えが必要になります。 スレート屋根は特に、防水性が失われる前に塗り替えをなされることが大切です。

⑤さびの発生

長年塗替えをしていない金属屋根では、さびのが著しく発生しています。塗装作業以上に、 塗装作業以上に、ケレン(さびを落とす)作業に時間とコストがかかってしまいます。

⑥変色

太陽に含まれる紫外線や温度、湿度によって塗料の組織は破壊されやすいです。更に南面では紫外線が 当たりやすいため、一番に変色が確認されます。 対策としては、塗料のグレードを上げることです。フッ素で15年、シリコンで10年、ウレタンで7年と言われております。 しかし、シーリングの寿命も10年程と考えられておりますので10年に一度の塗替え周期と考えましょう。

img

  • 会社概要
  • 施工案内
  • 施工実績
  • 採用情報
  • トピックス

----お問い合わせ先-----
〒462-0833
名古屋市北区水切町6丁目110番地
TEL:052-981-2068
FAX:052-916-3070
--MAIL--
marufune@proof.ocn.ne.jp